万一の停電時にも安心できます

Written on 2014年4月30日 – 3:37 PM | by adminadmin1234 |

近年ウォーターサーバーの利用を検討する人が増えているそうです。
一般家庭はもちろん、企業や医療関係、児童施設などでも検討されているそうです。
ウォーターサーバーは、一般的に10リットル以上のミネラルウォーターか、天然水がセットされた状態で、必要な分だけ使う事が出来るもので、飲用はもちろん、料理やお茶、コーヒーにも使用することができます。
通常は電気を必要として温水・冷水を使用しており、コックをひねることによりそれぞれの温度の水が出るような仕組みになっています。
その状態で2週間程度の間、水の鮮度が保たれることが多く、使用頻度によっては2週間よりも短い場合もあります。

では、万一停電になった場合にはどうなるのでしょうか。
停電になった場合には、通常2週間程度保たれるはずの鮮度については、常温保存の状態となるため、2日程度まで短くなってしまい、ミネラル成分を多く含む水がタンクにただ入っている状態となってしまいます。
また電気が通らない分、温水の使用は出来なくなり、常温の水だけが使用可能となります。
何らかの形で、停電となり、その時間が数日にわたる場合でも、とりあえずの水分補給には十分対応できると思います。
備えているペットボトルの水よりも先に飲む必要はありますが、大変心強い味方となると思います。
通常の状態よりも鮮度を保てない状態にはなりますが、万一の備えとしての役割も十分に果たすことになります。
停電以外に、水道の水がなんらかの原因で止まった場合でも対応が可能となります。
タンク内の鮮度については電気が通っているかどうかにより変動しますが、水道が止まった場合でも安心して飲むことが出来る水として備える事が出来ると思います。
容量が大きなタンクで設置している場合には、大変安心感を感じることと思います。
停電が復旧した場合の対応には停電時間が関係してきます。
停電時間が数時間程度と短い時間であれば、コンセントを差すことで通常通りに使用する事ができるものがほとんどだと言われています。
停電時間が1日以上になる場合は、自己判断で使用せずに、各ウォーターサーバーの業者へ連絡を入れてから対応してもらうことが望ましいと思います。
このように口コミで人気のウォーターサーバーの水は、単に体に良い、健康的でおいしい水、安全かつ便利に利用出来る、温水と冷水が出るというだけでなく、万一の電気や水道が止まるなどの備えとしても利用出来るため、大変安心で有効活用出来るものだと思います。